FC2ブログ

アネミユ

芸能、ゲームに留まらない無差別情報サイト

Q.W杯でクウェート王族が得点取消を行ったって本当?


 A.1982 FIFAワールドカップ 1次リーグのフランス対クウェート戦において、フランスが得点したと思われた直後にクウェートのファハド王子がピッチの審判に駆け寄りました。その後、「不測の事態が起こった」として、フランスの得点が取り消されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/1982_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

得点取消

この大会では、「一度は認定された得点の取り消し」という事態が起きた。

6月21日に行われた1次リーグ・グループ4のフランス対クウェート戦、3対1でフランス優勢の状況にあった後半40分の出来事である。フランス選手アラン・ジレスの放ったシュートがクウェートのゴールネットを揺らし、主審が一旦はゴールを宣言した。しかし、クウェート側から「スタンドから笛が聞こえたのでプレーを止めた」という抗議がなされ、さらに、観戦中だったクウェートのファハド王子(当時)がピッチに乱入し何事かを審判に告げたところ、「不測の事態が起こった」という理由によって、フランスの得点は取り消され、3対1のままでの試合再開となったのである。結局、試合そのものはフランスがその後に1点追加して4対1で大勝しており、この不可解な判定が試合結果やグループ4の最終順位に直接の影響を及ぼすことは無く、事なきを得たものの、試合・審判の公正を揺るがす出来事としてサッカー史に残ることになった。

当然ながらこの一件は問題視され、後日、ウクライナ人のMyroslav Stupar主審が資格停止処分を受け、ファハド王子とクウェートサッカー協会に対してもペナルティが科せられた。なお、後にこの問題の当事者であるファハド王子もクウェート侵攻の際にイラク軍によって射殺されており、当時ファハド王子が何を語ったのかは現在に至るまで明らかにされていないが、21世紀に至ってハンドボールなど多くのスポーツで問題視される事になった、中東産油国の莫大なオイルマネーが競技を統括する国際団体に流入することで発生する、国際スポーツにおける競技の公正確保・審判の権威維持にまつわる諸問題、いわゆる「中東の笛」にも繋がる問題の一つとされる。




当時の映像








スーパーマリオ オデッセイ
任天堂 (2017-10-27)
売り上げランキング: 1

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 17